チャペル挙式を挙げる前に式の流れをしっかりチェック

チャペル挙式を挙げる前に式の流れをしっかりチェック

小さい頃から、チャペルで結婚式を挙げるのが夢だったという女性が多く、誰もが憧れるものですね。

そんな本格的なチャペル挙式ができる場所が、日本各地にたくさんあります。
挙式をするにあたり、事前に式の流れをチェックしておくことが大切です。


そもそも、チャペル挙式とは、キリスト教の儀式を取り入れた結婚式のことです。

ゲストが先に着席した状態ではじまり、新郎が入場した後に、新婦が父親または親族と入場します。


新郎新婦がそろってから、讃美歌を歌い聖書朗読をします。

教えて!gooの情報を知りたい方必見です。

新郎新婦の結婚の誓約、そして結婚指輪の交換、結婚証明書へのサインします。



そのサインは、新郎新婦が夫婦となることが成立した証拠となり、参列者の方々に報告されます。

お祝いの拍手と共に、新郎新婦は退場。
これが一般的な一連の流れです。退場後の演出はさまざまで、フラワーシャワーをおこなったり、ブーケトスをおこなったり、参列者の方と一緒に結婚式を盛り上げる演出がやはり人気が高いですね。演出だけでなく、最近はチャペル内の装飾を新郎新婦ご自身でおこなうのも人気です。

予算をおさえることができますし、何より自分たち好みの式場になりますので、装飾にこだわる方が非常に増えています。

そして、チャペル挙式を挙げるにあたり、式場の広さもしっかりチェックしておくことが大事です。

参列者の人数を把握し、全員が収容できる広さなのかどうか、しっかり確認しましょう。

退出後だけでなく、挙式中の演出も自由に提案できます。



聖歌隊の演奏やパイプオルガンの演奏、入退場の曲など、式場の方に相談しながらオリジナリティ溢れる演出をしてみてください。

式の流れを事前にしっかりチェックして、当日の挙式が素晴らしいものになることを願って準備に取り組みましょう。