宿泊施設としての漫画喫茶

宿泊施設としての漫画喫茶

漫画喫茶難民という言葉があるように、現代においては、漫画喫茶は宿泊施設として特にお金のない若者や終電を逃した若手サラリーマンに人気があります。

まず、個室であり、そこにはリクライニングシートか、ソファの置いてあるフラットシートとなっていて、睡眠をとることが十分に可能な環境があります。



また、ある程度以上の規模の漫画喫茶であれば、シャワー設備も付いており、アメニティを購入すれば、そこでシャワーを浴び、身支度を整えることも可能です。また、値段が平日ナイトパックであれば2000円以下に収まることが最大の魅力でしょう。



オフィス街であれば、会社の近くのレンタルルームに一泊、ということも考えられますが、それでも4000円前後の値段はしてしまいます。

値段の安いカプセルホテルも存在はしますが、その大きさによる息苦しさから敬遠されがちです。

この点、漫画喫茶であれば、上記したように個室、ないし半個室のスペースやシャワー施設が整っている上、通常の漫画喫茶のサービス、つまり雑誌や漫画の読み放題やフリードリンク、また、コンビニ程度のちょっとした買い物まで、店内で全て済ませることができます。


加えてインターネットの接続環境が整っていたり、ワード・エクセルで作業をすることも可能です。
追加料金を支払う必要がある場合もありますが、携帯電話の充電サービスも行っているところがほとんどであり、ホテル程とはいえませんが、値段に見合った宿泊施設として十分な機能を有しています。

@niftyニュース情報を網羅した総合サイトです。